ENTRY

社員インタビューInterviews

2017年(新卒採用)

瀬川 雄太

Segawa Yuta

エンジニア

私が仕事で一番大事にしていることはです

ニフティに入社を決めた理由を
教えてください。

新しいことに取り組んでいこうとする姿勢の社風が魅力的でした。
就活当初抱いていたニフティの印象は「昔からあるISPの老舗」でしたが、会社説明を通じて印象は変わりましたね。
ストックビジネスであるISP事業を基軸にして、クラウドやIoTのように、時代に合わせた挑戦的な事業にも取り組んできたという社史が好印象でした。
加えて外せなかったのが、会社説明会でお会いしたニフティ社員の方々の人柄が良く、一緒に働きやすそうだと感じた点でした。
いかに面白い事業をやっている会社でも、自分自身がそういった仕事に関われるか、働いていて楽しいかどうかは、周りの方々に大きく左右されると考えていたので。
そういった意味で、新人にも積極的に活躍の場を提供しているというお話が聞けたり、関わった社員の方々が親身に相談に乗ってくれたりしたことが、入社の決め手になりましたね。

学生時代に力を入れて取り組んでいたことについて教えてください。

学生時代は研究室活動がメインでした。ディープラーニングによる動画像認識を応用し、一人称視点カメラの映像から撮影者の行動を推定する手法の提案をしていました。
よく「研究を仕事で活かせましたか?」と質問されますが、そのまま仕事に活かした経験はまだありませんね。
ただ、機械学習やデータ分析のノウハウは社内で求められることが多くなってきています。
画像認識の方法について先輩にアドバイスを求められたり、社内でデータ分析コンペを開こうとなったとき運営の一人として立ち上げたり、そういった場面で活きることは多かったです。
「ニフティラボ」という研究プロジェクトも立ち上がったので、このようなトレンドは進んでいくのではないでしょうか。
他には、塾講師のアルバイトを学部~院の6年間していました。黒板を使う授業形式だったので、人前でのプレゼンスキルを身につけるにはうってつけでした。
また、生徒一人ひとりの質問対応をすることもあり、相談を聞いて解決するヒアリングスキルも身につきました。こういったスキルはエンジニアとしての実務でも、自分の技術力を伝えて依頼をもらうための、ある種の営業活動で活きることが多いですね。

現在の業務内容はどのようなものでしょうか。

私は会社のITシステムの根幹であるITインフラを支える部門にいて、最近だと「パフォーマンスやセキュリティを保ちつつ、インフラにかかるコストを下げる」という活動を担当しています。
まずインフラの利用実態が知りたかったので、ニフティが現在利用しているサーバー台数やCPU数、メモリサイズといったデータを片っ端から自動収集するシステムを開発しました。
そして、集めたデータを俯瞰するためのWEBアプリケーションも開発して、私だけでなく各サーバーの担当者にも実態が見えるよう社内にリリースしました。その甲斐あって、誰もが無駄なサーバーの発見と削除ができる状態が整い、今現在コスト削減が進んでいっています。
このように、社内に散らばるデータを集めて分析したり、ツール開発に着手することが多いですね。特に私のチームの場合は、先輩となるソフトウェアエンジニアがいないため大体自分がメインで担当してます。
大変そうだと思われるかもしれませんが、開発環境の選択はもちろん、大げさに言えば企画や設計も含めて自分の裁量でマネジメントできるので、ITエンジニアリングの一連をフルスタックに経験したい人にはおすすめの環境です。

仕事上での印象深いエピソードはありますか?

印象深いエピソードとしては、データセンターを移設したプロジェクトの事が思い浮かびました。
このプロジェクトは、旧センターのインフラで稼動していたシステムを新センター上に引っ越したうえで、他システムが正常に新システムと連携できるようにする活動でした。私がまさに、当時新人ながらその連携設定のための作業を担当していました。
ところがニフティには総数3,000台を超えるサーバーがありまして、それら全てに連携設定をして確認する必要があったんですね。手作業はさすがに非効率で危険なので、開発力を活かして作業用ツールを作ったりしました。
とはいえ、一歩間違えばニフティのサービスを停止させてしまいかねない、クリティカルな作業でした。
それでも、周囲と密に連絡しながら正確に要件を汲み取ることを心がけ、結果として事故無くプロジェクトを終えることができました。
緊張感もそうですが、新人でもこのような結構クリティカルな作業させてもらえるんだと驚きましたし、他では得がたい自己成長ができて大きなやりがいを感じましたね。
今教えている新人方にも、良い経験をさせてあげたいと思っています。

1日のスケジュール

  • 9:00出社(Slackチェックとお急ぎ案件消化)
  • 9:30今期プロジェクトのスケジュール調整
  • 10:00現場会報告
  • 10:30考案中のシステム設計と資料作成
  • 12:00ランチ
  • 13:00チーム会報告
  • 14:00システム設計&技術調査
  • 16:00AWS定例勉強会の講義準備
  • 18:00退社(お疲れさまでした!)

今後、ニフティでどのような
挑戦をしてみたいですか?

今担当している情報収集ツールをエンハンスして、更なるインフラ環境最適化を目指したいのが一つです。
機械学習のノウハウを活かして、例えば「こうすればインフラコストがこれだけ削減できる」というレコメンドの仕組みを作るのも面白そうです。そういった形で今のスキルを活かすことに興味がある一方で、特定の分野だけでなく、オールラウンドに技術的支援ができるエンジニアもあこがれる姿ですね。
というのも、例えば「とあるビジネス成功のためにどういう技術が使えそうで、導入するにあたっての課題が何で、それを解決するためには…」という戦略を考えるような仕事も好きなのだと、色々な経験をしているうちに気づいたんですよね。私自身「三度の飯よりコーディング」のような職人気質が無い、という理由もありますが(笑)
もちろん最新技術に触れていくことはこれからも続けていきたいですが、それをどう活用するかに焦点を当てて周囲を導くことで、インパクトの大きい施策を成功させるといった活動に挑戦していきたいですね。 ニフティはそういう挑戦意欲を汲んでくれる社風なので、遠慮なく色々やらせてもらおうと思っています(笑)

社員の成長意欲を満たしてくれる

ニフティのいいところを教えてください!

やはり一番は決め手にもなった環境の良さですね。周りの人柄もそうですし、休暇もとりやすくワークライフバランスも満足です。
エンジニアの方だと特に自身の市場価値向上を意識されるかと思いますが、その点でもお勧めできます。
例えば社内で定例勉強会が開かれたり、資格取得に応じて報奨金が支払われます。また私の経験で言えば、当時入社2年目にも関わらず、AWS開発スキルの向上のために米国のイベントへ海外出張させてもらうこともできました。会社のトレンド自体が、若いエンジニアに様々な経験を積んで欲しいという方向ですね。
あとは、若手でも裁量もって業務させてもらえることもあり、普通経験できないような案件も関わることができる点も魅力です。私の担当部門で言えば、ニフティのインフラは結構大規模なのでまず個人で扱えないですし、下手したら他社でも扱わないレベルなのだそうです。
もちろん導入研修は用意されているのですが、実務は本人の意向次第でどんどん幅を広げさせてくれます。
そういった意味で、「良い環境の中で成長意欲を満たしてくれる会社」を探している方は、是非選択肢に入れて検討してみてください。

就職活動中のみなさんへ

大きな話になってしまうのですが、時間のあるうちに自分の軸を深く考え見出して、
会社選びにもあてはめて欲しいと思っています。
自分の軸探しといえば「将来の夢」が典型的で「夢に近づける進路を選びなさい」とよく言われますよね。
ところが私自身もそうなのですが、「将来的に何を成し遂げたい?」に対する答えに悩み、
途端に自己分析が難航してしまう方もいると思います。
何かを達成することよりも、理想の姿でいることに価値を見出しているためだと言えるかもしれません。
そのような方には是非一度、「何をしたいか」よりも「どうあり続けたいか」を深彫りしてみて欲しいです。
私の場合は「昔からずっと興味を持っているIT領域を中心に、他の人に無いような幅広い知識とスキルを身につけて、
それを活かして人を手助けしたい、感謝されたい」のような、素直な「こうありたい」像を掲げました。
おかげで、こういう生き方のできる業界や職種、会社を探そうというきっかけになり、結果ニフティにたどり着きました。
ぜひ、世間体関係なく、自分の「こうありたい」生き方にマッチして、
自分にとって納得のいく会社選びができるよう、頑張ってください!

※記載内容は取材時時点の内容となります。

Other members...