ENTRY

社員インタビューInterviews

2018年(キャリア採用)

清家 悠

Seike Haruka

企画・マーケティング

私が仕事で一番大事にしていることはです

ニフティに入社を決めた理由を
教えてください。

WEB業界へのキャリアチェンジを見据えて転職活動していた時期にニフティの子会社であるライフメディア(現ニフティネクサス)を知り、ポイントサイトのサービスがとても便利で素敵なものだと思い、そのサービスを広げるチャレンジをしたいと思って入社しました。
2018年に合併した際に親会社のニフティに転籍することになりましたが、ライフメディアよりも大きな規模の事業経験を積む事を目的に入社をしています。

現在の業務内容はどのようなものでしょうか。

@niftyのWEBページ内に表示される広告運用を担当しています。
@niftyサイト内の広告配信はページを見るユーザーの情報などに基づいてリアルタイムでオークションをし、高値を付けた広告を表示するという仕組みなのですが、収益を最大化するにはアドテクノロジーと言われる分野の知識が必要になる業務なので、情報収集を意識的に行っています。
また、ユーザーが楽しめたり便利に使ってもらえるサービスでないと広告の価値も下がってしまうため、ユーザーにサイトコンテンツを楽しんでもらう為の企画や利便性を向上させるアイデアをチームで検討して実施しています。
アドテクノロジーの分野は技術革新のスピードが早く、国内外から新しいサービスがどんどん生まれているので、収益を増加するために情報を収集して良さそうなノウハウやツールがあれば積極的に導入しています。
パートナーも外資系の企業が多く、海外の市場と日本の市場のトレンドや特徴など勉強になることがとても多く刺激的で楽しく仕事しています。

仕事上での印象深いエピソードはありますか?

転籍する前のライフメディア時代の話ですが、サービスを通してユーザーとの素敵な出会いを経験させてもらいました。
ライフメディアにはユーザーが友人などにサービスを紹介し、紹介を受けた方が入会してくださると謝礼をポイントとして受け取れる「友達紹介」の仕組みがあるのですが、私は友達紹介を活性化してユーザーを増やす取り組みを担当していました。
当時はSNSでポイントサイトを紹介する方がほとんどおらず、あまり反響がなかったのですが、協力していただいたユーザーと一緒に地道な取り組みをした結果、多くの方にサービスを利用していただくきっかけになりました。また、協力してくださったユーザーに多くのポイントを謝礼としてお返しできました。
その中のお一人からは「人生が変わった、感謝しかない」という言葉を頂き、今でも友人としてお付き合いをしています。
私一人の成果ではなく、チームでの取り組みが結果に結びついてユーザーの心を動かせたことがとても嬉しかったです。
自分の担当しているサービスを通して人の幸せに役立てられるという素敵な経験ができたことは私にとって貴重な財産になっています。

1日のスケジュール

  • 9:00出社(メール・Slack処理、タスク整理)
  • 10:00広告進捗レポーティング
  • 11:00 チームMTG(施策の進捗確認等)
  • 12:00ランチ
  • 13:00パートナーとのMTG
  • 14:00広告施策設定、見直し
  • 15:00パートナーとの連絡(施策の進捗確認等)
  • 16:30施策検討、業界情報収集
  • 17:30タスク進捗整理、日報
  • 18:00退社(お疲れさまでした!)

お客様がファンのように長期利用されている

ニフティのいいところを教えてください!

サービスの歴史が長く、継続してご利用頂いているファンが多くいらっしゃることがとても魅力的だと思います。
近年スマートフォンの普及で人々のネット環境が大きく変わり、元々PCのWEBでしか見れなかった情報がスマートフォンやタブレット等の他環境に移り変わっている状況ですが、ありがたいことに@niftyのサイトを継続的にご利用頂いている方が多数いらっしゃいます。
サービス開始から30年を超えましたが、長年継続的に愛着あるサービスとしてご利用頂けている点は、純粋に凄いと思います。
ユーザーの人数が多いと色々な企画を通して反応が見えやすいので、自分の考えた施策の反応が数字になって現れやすいのは仕事をする上でとても面白い部分だと思います。
そして、もっと魅力的なサービスにして欲しいという要望をいただく事も多く、サービスへの期待を強く感じますので、より愛されるサービスにしていきたいです。

育児休暇について

2018年に第一子が生まれ、約3カ月育児休暇を取得しました。
私も妻も実家が近所ではなく皆仕事をしている状況だったので両親を頼ることはできませんでした。産後で思うように体が動かず夜間も授乳をしなければならない妻の負担を考えると、日中家に妻と子供の2人を残して出社するのは現実的ではないと考えたため、育児休暇の取得を上司に相談したところ快く送り出してくださいました。
男性で育児休暇を取得する人はまだまだ世の中で少ないと思いますが、周りの方々の理解に恵まれてとても貴重な時間を過ごす事ができました。
慣れないうえに思い通りにいかない子育てに集中する期間を経験する事ができ、これまでよりも更に時間が貴重だと痛感しました。
復職後は短い時間で高いパフォーマンスを出すにはどうすればいいか?をこれまで以上に意識するようになり、成果も出すことができているので結果的にビジネスパーソンとしての自分の成長にも繋がっていると思います。
会社全体を見ても短時間勤務で活躍されてる方やお子さんの行事などで計画的に休暇を取っている方も多い環境なので、子育てしながら働く事に理解がある環境だと思います。

就職活動中のみなさんへ

仕事って楽しいですよ!
通勤電車のサラリーマンの顔が暗くてつまらなそうな印象だったので、
学生時代の私は「サラリーマンになりたくないな」という考えを持っていました。
ですが実際に社会人になって仕事で出会った方々は、
とても楽しそうに働いている方が多かったのでとてもギャップを感じました。
もちろん楽なことばかりではないですが、仕事での出会いや経験を通して様々な学びがあって
「仕事って面白いな」と感じるようになり、つまらないというのは自分の思い込みだったんだなと感じています。
このページを見に来てくださってる学生の方は私みたいな思い込みを持っていないかと思いますが、
もし心配している方がいれば安心してください。一緒に働ける日を楽しみにしています。

※記載内容は取材時時点の内容となります。

Other members...