ENTRY

社員インタビューInterviews

2016年(新卒採用)

福永 ひかる

Fukunaga Hikaru

エンジニア

私が仕事で一番大事にしていることはです

ニフティに入社を決めた理由を
教えてください。

高専生向け就職イベントの会場で、友人から誘われてニフティのブースにいったのが初めての出会いでした。
私が専攻していた学科が情報系であり、さらに授業を通してWEB関係の仕事に興味があったため、高専で学んだ知識や技術が活かせそうだと感じ、学校推薦で応募しました。
ただ、就職を考えているタイミングでは「エンジニア職につきたい」「WEB系の仕事に携わりたい」という気持ちはあったものの、具体的な仕事内容を絞って選んだりはしていませんでした。
就職するなら東京で、と決めていたことや、他の会社と比較して福利厚生がしっかりとしていたこともあり、ニフティへの入社を決めました。

学生時代に力を入れて取り組んでいたことについて教えてください。

父の趣味がパソコンだったこともあり、プログラミングについて学びたいと考え高専への入学を決めました。
問題を解いていく課程に楽しさを感じ、プログラミングの授業や研究に特に力を入れて取り組んでいました。授業で出る課題を通して、新しいアイデアを考えるよりも、アイデアを実際に作り上げていく方が自分にあっている、など自分の得意不得意も分かるようになりました。
正直、学生時代に「勉強はやりきった!」と思い就職を決めたのですが、実は就職してからのほうが、学生時代よりも勉強していたります。勉強したらその分だけ仕事が分かるようになるので、勉強するモチベーションは学生のときとは全然違っていて、学ぶことがより面白くなりました。

現在の業務内容はどのようなものでしょうか。

接続サービスの基幹システムを開発するグループに所属し、NifMoの申し込みシステムの開発・運用を担当しています。
もともとWEBを志望して入社したのですが、チームの雰囲気や業務内容が自分に合っていると感じ、接続サービスへの配属希望を出しました。
現在はWEB上の申し込み画面を開発したり、料金請求や顧客情報を管理している社内システムとの連携や通信回線会社との連携など、裏側で動いている仕組みの開発・運用が担当業務となっています。開発を行う際には、機能の設計やコーディング、完成した開発物のテストなどを行い、リリースまでに想定どおり動く機能を作り上げていきます。
大規模な開発では外部の会社に依頼する場合もありますが、なるべく社内で開発できるようにチーム一丸となって取り組んでいます。

仕事上での印象深いエピソードはありますか?

新規サービス向けのシステム開発を担当したことが特に印象に残っています。WEB画面の開発を担当したのですが、企画担当者との要件調整やスケジュール管理など初めての経験が多く、とても苦労しました。
そんな中で特に意識したのは、問題を一人で抱え込まないことです。気になった点は企画や開発のメンバーに確認を行い、勝手に進めてしまうことがないように心がけました。早めに問題を共有しておくことで、周りも状況を把握でき、サポートする余地も生まれます。
作っている間は大変でしたが、リリースが終わった後に実際にWEB画面を見てみたり、申し込みが増えていく様子を見ると、システムが動いていることが実感できとても大きな達成感がありました。

1日のスケジュール

  • 9:00出社(メールやシステムログをチェック)
  • 9:30チーム朝会(1日のタスク、困っていること等を共有)
  • 10:00運用作業(エラー調査、リリース作業など)
  • 12:00ランチ(同期と一緒に)
  • 13:00打ち合わせ(社内や社外のメンバーと進捗確認)
  • 14:00開発作業(設計、コーディング、テスト)
  • 16:00作業(運用の前準備、開発環境の整備など)
  • 17:45退社(お疲れさまでした!)

今後、ニフティでどのような
挑戦をしてみたいですか?

より開発や運用がしやすいシステムを作れるようになりたいです。
古いシステムだと少しの改修でも大きな工数がかかる場合があり、施策を試したいが開発がネック、といった状況になることもあります。
そういった経験をする中で、様々な施策を試験的に実施、検証できるような、柔軟なシステムを作ることが1つの理想ではないかと感じています。
そのためにも、まだまだ足りないと感じる知識が多くあるため、まずは目の前の業務に必要な知識から学習を進め、今後エンジニアとして使える技術の選択肢を増やしていきたいです。

上司や先輩がサポートしてくれる

ニフティのいいところを教えてください!

ニフティには、若手であってもやりたいことをはっきり主張すれば、先輩や上司がサポートしてくれる環境があります。周りには年齢の離れた先輩も多いですが、仕事中は変に意識せず、対等な立場で意見ができる関係だと感じます。意見を交わす中でよりよいやり方が見えてくることもあり、こうした良いサイクルが生まれるのはニフティの社風があってこそだと感じます。
また社風だけではなく、自社でサービスを作っていて社内での調整がしやすいという点も、やりたいことに挑戦できる要因になっていると思います。

就職活動中のみなさんへ

システムの開発・運用では、プログラミングスキルだけでなく、ネットワークなどインフラ寄りの知識もある程度必要になります。実は私は高専生時代、ネットワークの授業が苦手だったのですが、情報系の基礎部分を学んでいる人であれば、
実務の中で技術をどんどん吸収していけると思います。
今はまだ深い知識を持っていなくても、規模の大きいシステムに携わりたい!
という方には最適な環境だと思うので、興味があればぜひニフティで一緒に働きましょう!

※記載内容は取材時時点の内容となります。

Other members...