ENTRY

社員インタビューInterviews

2013年(新卒採用)

速水 友里

Hayamizu yuri

エンジニア

私が仕事で一番大事にしていることはです

ニフティに入社を決めた理由を
教えてください。

ひとつは、ISP事業とWEBサービス事業という複数の事業をもっていた点です。
私はWEBサービスに関わる仕事がしたいという思いで、そういった仕事に就ける会社を探していましたが、WEBサービスは流行り廃り含め、変化が速い分野でもあるため、特徴の異なる、複数の事業があるのは強みだと感じました。
もうひとつは、説明会や面接などの流れの中で、いろいろな職種の先輩社員とお話しさせていただき、人柄や雰囲気の良さから働きやすそうだと感じた点です。仕事をするにあたり、長い時間一緒に過ごすことには変わりないので、自分にとって馴染みやすい雰囲気であるかは気にして見ていました。

学生時代に力を入れて取り組んでいたことについて教えてください。

授業で学んだことでも、研究室でのプロジェクトでも、趣味の活動でも、なるべく実践して外に対してアウトプットをしてみる、ということを意識していました。
今は何かを始めるにしても、書籍やインターネット上の情報はもちろん、無料で使えるツールやフレームワーク、他の人がやってみた実録も充実しています。ただ知識として知っているだけでなく、やってみて初めてわかること、気づくことがたくさんあると思っていて、実際に自分でやってみるというのは意識していました。

現在の業務内容はどのようなものでしょうか。

現在は、開発の仕事から事業全体を見る仕事にシフトし、WEBサイトやスマートフォンアプリケーションといったプロダクトはもちろん、記事の仕入れや編集人員の管理など、幅広く、全体を見ています。
それぞれが役割を担って仕事をしていますので、物事がうまく進むように社内外の調整を行うのはもちろん、意思決定も行います。
短期、中期、長期、さまざまな視点を行き来し悩み、指標を並べ、どれを優先するか悩み。日々悩みは尽きませんが、正解がない世界で正解を紡いでいくのが仕事の面白さだと、前向きにとらえています。

入社してから現在までの担当業務の変遷を教えてください。

新卒で入社後、WEBサービス開発部というところに配属になりました。
最初の数か月間は、先輩社員のもとでiOSアプリのプログラムを担当し、その後ニフティニュースのアプリ開発担当になりました。1年半ほど、アプリで一通りの開発工程の経験を積んだ後、突如WEBサイトのリニューアルの話が持ち上がり、WEBサイトの実務経験がないながらも、6ヵ月超という期間でサイトリニューアルを担当しました。当時は協力会社の方にもたくさん助けていただきながら、リリース日に向けて必死で仕事していました。その後、アプリのAPIや記事を取り込む裏側のシステム改修などをやりつつ、ビジネス面にもいろいろ口を出していたら、いつの間にかプロデューサーというサービス全体を見る役割になっていました。そして、ニフティネクサスという子会社の立ち上げに際し正式に役職をいただき、今に至ります。
開発にさまざまな専門性があるように、企画の仕事にもさまざまな専門性があります。今は経験の少ない企画の実践経験を積み重ねながら、次の一手を生み出すべく邁進している最中です。

今後、ニフティでどのような
挑戦をしてみたいですか?

ニフティは30年以上にわたるネットワークサービスを提供しており、長年愛用いただいているお客様がたくさんいらっしゃいます。
一方で世の中の変化は速く、サービスを継続するためにも、新しいお客様を呼び込み、愛用してもらえるように変化していかないとなりません。

変化を注意深くとらえ、多くの人に喜んでもらえるサービスを提供し、運営している人たちも誇りに思えるようサービスを提供する、そんな組織にしていきたいと考えています。

「やりたい」を突き通せる

ニフティのいいところを教えてください!

やりたいという思いに対して寛容な職場だと思います。
仕事として取り組む以上、当然、会社へのメリットを考えたり、上司を説得したり、同僚の理解や協力を得たり、そもそもなぜやりたいのか考え抜いたりすることは必要です。
ただ、それを本当に考え抜いてやろうとしている人に対しては、寛容な職場だと思います。

お仕事スイッチ、OFFのときは?

休日は、長年趣味として続けているサックスの演奏で、首都圏を中心としたイベントに出演しています。
仕事とは全く別分野の趣味があることで、いい気分転換にもなっています。

就職活動中のみなさんへ

確実な正解がない中でも、自分なりの思いと仮説を持って、粘り強く正解を紡いでいける人と働きたいと思っています。
新卒で応募される方は具体的な仕事のイメージが湧かなかったりするかもしれませんが、
今ある仕事が皆さんが入社される際に仕事として存在し続けている保証はありません。日々変化していきます。
なので、自分なりの考えを持って動ける人であってほしいですし、そういった人と仕事していきたいと思っています。

※記載内容は取材時時点の内容となります。

Other members...