ENTRY

社員インタビューInterviews

前島 一就

Maezima Kazunari

取締役

私が仕事で一番大事にしていることはです

ニフティでのエンジニアの仕事

ニフティはこれまで30年以上にわたり、安定して快適にサービスをご利用いただくことで、長期にわたってお客様の信頼を得てきました。
大規模なシステムを、安定的にかつ迅速にご利用いただくためには、綿密なシステム設計や準備が重要になります。
インターネット上のトラフィックは年間 約1.5倍増加していると言われています。 高機能で使いやすく、そして快適なレスポンスを維持するのは当然として、鉄壁なセキュリティシステムの元に、決して情報漏洩等を発生させてはなりません。
そのため、事前にいかに綿密に設計し、本番でミスなく正確に実行していくかが求められ、エンジニアの力量が大きく試される環境にあるといえます。

技術視点からみるニフティの魅力

ニフティの主力事業の1つであるISP事業の基幹システムは、認証、課金、会員管理のアプリケーションと、サーバー(DNS, Mail , Web , ストレージ etc)、大容量ネットワーク、セキュリティ対策等のインフラがそれを支える大規模システムです。きっと、インフラやネットワークが好きな人にはたまらないと思います。そして、ISPとして、日々進歩するネットワークの技術革新に追従していかなくてはなりません。
例えば機械学習やAI、データマイニング、5Gネットワークのような新しい技術トレンドが現れたときには、いち早く技術を導入し、システムやサービスに活用できないか考えます。 機械学習やAIは今では当たり前のように日常に浸透しましたが、今から数年前はこれほど社会に浸透するとは想像できていなかったと思います。 トレンドに敏感に対応していく環境であることが当社の強みです。
またWEB事業でも同様に、お客様に安全に、安心して品質のいいものをお届けする、という姿勢のもと、最先端の技術を取り入れながら、サービスをより良くしていくことに注力できる環境があります。 それにより、お客様の生活をより便利に楽しくなるものはないかを考え、WEBサービスやスマホアプリでお客様の生活に密着したサービスを継続して提供し続けています。
このように、当社は基幹システムからアプリまで、すべてのプロセスに取り組めます。
また、エンジニアの技術というと、とかくプログラミング技術や開発環境を使いこなすことにフォーカスされがちですが、当社では開発手法に関しても研究や試行を欠かしていません。特にアジャイル開発の「スクラム」を推進して生産性向上の成果を上げています。
そのような環境の中で、全社的にエンジニアの成長機会を創出することに取り組んでおり、技術やサービスをフルに活用して新しいサービスを作っていくことを目指しています。

ニフティの仕事で一番印象に残っていること

日本での商用ISPサービスが開始された1990年代初頭、その日本のインターネットビジネス創世記と言われる時に、当社でのシステム開発担当者として仕事をできたことです。
当社はそのような時代にいち早くインターネット接続サービスを開始しました。
その頃のIT業界は“インターネットはどういう仕組みなのか?”“インターネットでビジネスをするにはどうしたらよいのか?”当社に限らずIT業界のエンジニアみんなが模索していた時期でした。当然、私自身も担当になったものの、参考にできる技術文献も少なく、とにかくわからない事ばかりでした。その後、通信技術の研究者や一般企業のエンジニアが組織の壁を越えて協力し合い、産学共同でインターネット相互接続実験に参加することから始め、後に商用サービスに転用しました。それが現在の@niftyの源流です。 私も当時その関係者のみなさんにたいへんお世話になりながら、無我夢中で勉強しました。 その時の苦労や失敗、得られた人脈、経験が今でも私のキャリアに深く影響していると思います。

エンジニアに求められる要素について

技術の進化が進むなかで、エンジニアに求められるスキルや技術は変化しつつあります。
絶えず最新の技術トレンドにアンテナを立てながら、ものづくりに活かすことは当たり前。開発言語やツールの使い方に詳しくてプログラミングが出来るだけではなく、最近はAI/機械学習やデータ分析活用の知識があるか無いかで、仕事の幅や発想の広がりに違いがあると感じています。
間違いなく、ヒットしているサービスに携わっているエンジニア達は、日々、お客様の反応や利用状況のデータを分析してサービス改善に繋げています。つまり、単にロジックを組んでシステムを動かしていくだけではなく、得られるデータを、どのように活用していくか、という「分析力」「デザイン力」「企画力」が、これからのエンジニアに求められる要素であると考えています。
そのためにも、学生の皆さんにはぜひ、自分が考えたものを何かしら形にする、ということを一度でいいので経験して欲しいと思います。
そして、自分が良いと思ったものを企画して実際にリリースすることで、「もっとこうすればよかった」「こんな苦労をした」「友達に喜ばれた」など、成功体験を自ら作りだしてください。
まずは自分の好きなこと、やりたいことを形にしてみることをおすすめします。

やりたいことを形にする経験をしてほしい

お仕事スイッチ、OFFのときは?

リアル型脱出ゲームをはじめとした謎解きゲームに参加するのが大好きです。
休暇や会社帰りに、同僚のみなさんと遊ぶことがよくあります。 成功率はあまり高くありませんが、頭と体を使って汗をかいたり、なんとも言えない達成感が癖になっています。
以前、私の要望で内定者のみなさんとの親睦会と称して、当社の会議室を使って一緒にリアル型脱出ゲームを開催させていただいたことがあるくらいです。

これからのニフティについて

当社は、30年以上にわたり培ってきたネットワーク技術やインフラ資産をもとに、お客様へより良いサービスを提供していくことに変わりありません。
今後、ネットワーク業界にはこれまでにない劇的な進歩の波がやってきます。AI/深層学習の更なる普及や自動運転、5Gネットワークの本格的な実用化。 これにより、わたしたちの日常生活が一気に変わってくると思われます。 それを支えるのはインターネットに他なりません。
当社には、インターネットワーク技術、WEBサービス技術やアプリ、さらに課金や請求システムといったネットワークサービス全般の基盤がすべて揃っています。 それが最大の強みだと考えます。 さらに、2017年4月からノジマグループの一員となったことで、当社は店舗を通してサービスをご紹介したりお客様の反応をいただけるような強いチャネルを獲得することになりました。
今ニフティにあるすべての資産をフルに活用することで、新しいネットワークサービスの開拓に取り組んでいきます。

就職活動中のみなさんへ

2020年を境にインターネットの環境はさらに大きく変化していきます。
これから先の未来に、私たちがどのようなサービスを提供していくのか、まだまだ模索中ではありますが、
未来に向かって、さまざまなことに一緒にチャレンジしていける人を求めています。
みなさんは、これまで先人の方々が創ってきたネットワークを、産まれた時から当たり前のように使ってきた世代です。
これからは、そのようなみなさんが新しいネットワークを考え、創りあげる「最初の世代」になります。
どんなサービスができるのか、間近で目撃できることにとてもワクワクしています。
世の中の仕組みを変えていけるサービスを、ゼロから一緒に作っていきましょう。

※記載内容は取材時時点の内容となります。

Other members...